腎臓内科

  • スタッフ募集
診療時間
 
午前
午後

午前:受付時間…09:30~11:30
診療時間…10:00~12:00

午後:受付時間…13:30~16:30
診療時間…14:00~17:00
土曜日のみ 受付時間は16:00で終了

休診:日曜・祝日午後

  • 禁煙外来
  • 自費診療
    • まつげ増毛
    • ワクチン
  • 健康診断
    • 一般健診
    • 企業健診
    • その他の健診

当、阪クリニックの腎臓内科では、 検尿異常(蛋白尿、血尿)、浮腫。水電解質異常、高血圧、慢性腎臓病(慢性腎炎・ネフローゼ症候群や 糖尿病性腎症から尿毒症および透析期腎不全(血液透析・腹膜透析))までを幅広く診療対象としています。

腎臓内科

腎臓はこぶしほどの大きさの臓器でそら豆のような形をしており、腰のやや上あたりの左右に1つずつあります。

腎臓は、体の中の老廃物を尿として出すだけでなく、血液中の水分や体液、栄養成分のバランスを整えたり、血圧の調整、ホルモンの分泌など、体にとってなくてはならない重要な働きをたくさん兼ね備えています。

腎臓の主な働き

  • 老廃物や不要な物質の排泄
  • 体内の電解質・水分のバランスを調整
  • 血圧の調整
  • 血液を中性に保つ
  • ホルモンの分泌
  • 不要になったホルモンを分解
  • 活性型のビタミンDを生産

腎臓病の症状

腎臓病は、静かに進行するために初期症状に気づきにくいと言われています。 症状(むくみ・血圧の上昇など)に気づきだした頃には、既に末期まで病状が進行してしまっているケースも珍しくないのです。気づきにくい原因としては、もともと腎臓が持っている予備能力が高いことがあげられます。自覚症状には、尿の色や尿量の変化、回数などがありますが、これらが症状にあらわれてからの検査ですと、手遅れになってしまうのです。

腎臓疾患が原因で引き起こされている可能性のある症状

原因不明の疲れや倦怠感などの自覚症状がある場合にはそのままにはせず、腎臓病の検査も含め全体的に検査をすることをお勧めいたします。

手足や顔がむくむ(浮腫)
腎臓の機能が低下することにより、余分な水分や塩分などを排出させる力が弱まってくるとむくみ(浮腫)があらわせます。また、尿の中に必要なたんぱく質が多量に溶け出してしまい、血液中のたんぱく質が低下し、血管の中に水分を保っていくための浸透圧が保てなくなっていることが考えられます。むくみ(浮腫)は、心臓の周囲、肝臓、肺、胃や腸にあらわれ、とくに肺に起こると肺浮腫になって呼吸困難になる危険性があります。
高血圧気味(腎性高血圧)
腎臓機能の低下により水分や塩分の排出がうまく行われなくなるため、高血圧の症状があらわれます。高血圧になると、腎臓への負担が更に高まり、腎臓の機能がますます低下することになります。
尿が濁っている(蛋白尿)、量が多い若しくは少ない
「膿尿」と言って尿路に炎症が起き尿に白血球が大量に出ている症状を指します。また、赤~赤褐色の場合は血尿で腎炎などが起こっている可能性があります。健康な成人が1日に排泄する尿の量は、1000~1500mlですが、腎臓病が末期になると尿の量が400ml以下になったり、2500ml以上になったりするので尿量にも注意が必要です。

このような方は、尿検査をおすすめ致します

  • 尿の異常に気付いた方(尿の色、回数、におい、泡立ちなど)
  • 定期検診等の尿検査で蛋白尿や血尿を指摘され、再検査を受けていない方
  • 自覚症状がないからといって、定期検診を受けていない方
  • 最近健康診断を受けていない方
  • 仕事が忙しく、疲れがたまっている方

pagetop

© saka clinic